葬式と通夜の違いは?葬儀社はどこまで対応してくれる?葬儀のよくある疑問について解説!

こちらのサイトでは、お葬式や通夜の違いなどお葬式における良くある疑問を解決できるコンテンツを用意しており葬儀社が対応して貰えるのはどこまでなのか、ちょっとした質問にも役立てることができます。
また、お葬式にあまり参列したことがない人などの場合は、服装をどのようにすべきなのか香典の相場なども気になるでしょうし参列するとき遺族に対してどのような言葉をかけるのがマナーになるのか、礼儀などにも触れているので参考にされることをおすすめします。

葬式と通夜の違いは?葬儀社はどこまで対応してくれる?葬儀のよくある疑問について解説!

お葬式は、斎場やメモリアルホールなどの専用の会場で執り行うものだけでなく少人数の家族葬などの場合は自宅で行うことも可能です。
葬儀はお通夜・葬儀式・告別式の流れで執り行われる、火葬場で火葬式を行い故人の冥福を祈り骨壺に遺骨を納めることになります。
一般的に斎場と呼ばれる葬儀場は火葬場が併設されているので、移動する必要がないのですが公営の斎場の場合は会場を貸し出すだけなので、葬儀社に祭壇やお花などの手配をお願いすることになります。

そもそも葬儀は何のために執り行うのか?

人間はいずれはその生命を失ってしまい、この流れは避けることができません。
その運命は受け入れなければならず、ここで重要になってくるのが、故人の冥福を祈ると共に残された遺族が新たな生活をスタートさせるということです。
これはそれまでいた人がいなくなることで気持ちが切り替えられない場合に影響が発生する事象であり、その問題点を解決するためにも葬儀のような式典を実施することは大切になっています。
葬儀は宗教による理念がとても強くなっていますが、日本のように外国と比較してもそこまで生活に入り込んでいない地域でも、人間の死亡に際してはその教えが強く反映します。
そのため、多くの場合に葬儀は似たような儀式で執り行うようになっていて、この式典を実施することで故人がいなくなったことを認識できるでしょう。
葬儀は特定の期間が経過すると法要が行われるようになり、そこで残された家族が自分の生活を構築できるように考えさせる場にもなります。
故人を忘れる必要はありませんが、遺族にはその人がいない生活を作っていかなければいけないので、このような儀式を行うことで考え方を構築していくというのがその主眼になっています。

葬儀における「葬式」と「通夜」の違いとは?

通夜とは、故人が亡くなられた次の日の夜6時、あるいは7時から3時間ほどの間に行われる儀式のことで、亡くなった方の家族や親族、親しかった友人や仕事関係の知人などが集って、故人を悼むことを言います。
常に誰かがご遺体の側にいるのがそもそものルールでしたが、昨今では夜の10時くらいで終了とし、次の日の葬儀に備えるのが一般的です。
夜に行われるため、葬儀に参列できない方などが仕事帰りに故人とのお別れの儀式として与えられた場でもあります。
そして、葬儀とは通夜の次の日の昼に行われる儀式のことで、こちらはそれぞれの宗教に則った儀式が挙行されますが、直属の身内や近しい親戚などは仕事や学校を休んで参列するもので、時間は1~2時間ほどとなります。
故人の冥福を祈り、最後のお別れをする儀式となるもので、その後火葬場へ移動して荼毘にふされるのが一般的な流れとなっています。
なお、通夜は服装に極端なマナーは存在しませんが、葬儀の場合は喪服や学生服の着用などのマナーがありますので注意が必要です。

一般葬・家族葬・一日葬など葬儀のスタイルは色々とある

葬儀には大きく一般葬・家族葬・一日葬といったスタイルがあります。
それぞれのスタイルの特徴を確認してみましょう。
一般葬はお通夜と告別式を執り行うスタイルの葬儀です。
仏式スタイルで日本で執り行われるお葬式の約8割が一般葬と言われています。
家族葬は近年増えている形のお葬式です。
一般葬の場合、多くの参列者が訪れるのでその対応にご遺族は追われてしまうことも少なくありません。
家族葬は文字通り、故人のご家族と親族など本当に親しかった人のみでお見送りをするのが特徴です。
密葬とは異なります。
葬儀の内容は一般葬と同じく、お通夜と告別式を執り行います。
ゆっくり故人とのお別れをしたいという場合、この形の葬儀は向いていると言えるでしょう。
近年、増えているのが一日葬です。
直葬とも言われており、お通夜は行わず告別式と火葬のみを執り行います。
とてもシンプルな形なので、お葬式にかかる費用を抑える事が可能です。
またお通夜が無いのでご遺族や参列者の負担の軽減もできます。

現代の葬儀ではどんなスタイルが主流?

葬儀は様々なスタイルがありますが、昔から選ばれている種類に一般葬があります。
参列者などに制限がないのが特徴であり、通夜と告別式を2日間に分けて執り行うのが特徴です。
参列者が自由だからこそ多くなる場合もあり、場合によっては300人など大規模な葬儀になるケースもあります。
ただし最近では感染症対策として、規模を小さく抑えた葬式を希望する傾向が増えてきています。
葬式スタイルとして選ばれているプランには、家族葬や1日葬といった種類を選ぶ傾向が増えてきているのが特徴の1つです。
家族葬の場合は通夜と告別式を2日間に分けて執り行うのは一緒ですが、参列者を制限する事ができるので規模を縮小する事が出来ます。
1日葬の場合は通夜は執り行わず、告別式と火葬を1日で行うのが特徴となります。
どちらも規模を小さくする事が出来るという点で、遺族の負担を抑える事ができるだけでなく感染症対策で多く選ばれる傾向が増えてきているといえます。

葬儀へ参列するときの持ち物とは?

葬儀に参列する際にうっかり忘れてしまいやすいので気を付けたのが、手にはめる数珠の存在です。宗派によって様々な種類のものがありますが、葬儀に持参するときにはどのようなタイプの数珠でも構いません。キリスト教の葬儀の時には不要なので覚えておきましょう。一番重要な持ち物は、やはり香典でしょう。旧札の場合はぼろぼろの状態になっているものは避け、新札の場合は一度折り目を付けておくのがポイントです。香典はお通夜か葬儀のどちらかで渡すことになりますが、現金をそのまま出すのではなく、香典袋に入れておきます。袋は袱紗に包んで持参しましょう。袱紗の色は紫や緑などを用います。他の不祝儀色の袱紗とは異なり、紫なら慶事にも使えるので予備で持っておくと便利です。涙をふくためのハンカチも、エチケット用に持っておきたいアイテムです。色は地味なカラーのものを用意しておきます。参列者に貸す可能性も考えて、数枚持っておけば安心でしょう。

葬儀での弔電はいつ送ればよいのか?

訃報を受けたけれども通夜や葬儀・告別式のいずれにも参列できないことがわかったならば、直ちに弔電を発送する準備を始めましょう。弔電をいつ送ればよいかは、弔電がいつ読まれるかを考えれば自然と適切なタイミングがわかります。届いた弔電は葬儀や告別式の中で喪主によって読み上げられるのが一般的です。したがって、葬儀・告別式が始まるまでに届くように発送するのが当然のマナーだとわかりますね。ただし、早すぎるとかえって迷惑になる場合もあるので注意が必要です。葬儀や告別式の開始時刻が午後の遅めの場合、午前中にはまだ会場に喪主をはじめ遺族など関係者が到着しておらず、電報を受け取ることができない可能性もあるからです。このことも考慮に入れると、早すぎず遅すぎず、開始数時間前までに届くように手配するのが望ましいです。弔電の到着が式の開始時刻に遅れるということは基本的にマナー違反ですから、それだけは絶対に避けましょう。

葬儀で花を送る際にはどんな種類を選べばいい?

葬儀に使われる花は「花輪」、「供花」、「枕花」、「献花」の4種類です。そのうち、故人に思いを寄せる人が葬儀でおくる花は「供花」と呼ばれています。故人のあの世でのご冥福をお祈りする気持ちがあれば、血縁関係や親しさに関係なく送ることができます。使われる花は白菊が主流ですが、最近では洋花も用いられるようになってきました。基本的には、2つセットで一対で送ることとなっていますが、こちらに関しても時代とともに変化がみられて、必ずしも一対でなくてもよいとされています。現在では、一基でおくる方も増えています。寄せられた供花は故人の祭壇の周りや斎場の入り口近くに飾られることが多く、厳かな葬儀に欠かせないものでもあります。しかしながら、最近では家族葬など身内や親しい人のみで行われる葬儀が増えているために、お返しの手間や時間を省きたいとの思いから、供花を受け取らない場合も増えてきていますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

葬儀費用の平均はどのくらいかかる?

悲しいかな別れはいつどこかでやってきます。それは人である限り避けられないことであり、悲しいけれどもお金の心配はどうしてもついてくるものです。そこで葬儀を行う場合、どの程度お金が必要なのかの相場を紹介していきます。葬儀の費用は、トータルすると200万円程度かかるようです。お葬式費用は平均119万円であり、それだけでなく飲食接待費用も掛かってきます。そして参列してくれた人の返礼品の費用も必要になりますし、寺院の費用も計算です。通夜の振る舞いや精進落としもありますし、飲み物代などの諸費用も計算が必要といえます。火葬場使用料や式場使用料や人件費なども含まれます。自分の信仰している宗教の読経料や戒名料もかかるために、トータルすると200万円近くかかってしまうのです。会葬者の人数にもよりますが、通夜振る舞いなどは常識的な範囲を行ったとしたら、まとまった料金が必要とします。返礼品はもらった金額によって変わってくるので確認が必要です。

葬儀時に参列者へふるまう料理の選び方

人間として生まれた以上、死を避けて取ることはできません。自分が死んでしまうことはもちろん、愛する家族の兄弟や子供、祖父母に両親が亡くなるケースもあります。身内が亡くなると喪失感で茫然自失になり、深い悲しみが襲います。だが悲しみに没頭している暇はなく、故人のために葬儀の段取りをスピーディーに行っていく必要もあるんです。葬儀を大規模な一般葬にする場合、多くの人が参列し葬儀後の食事会なども準備しなければいけません。そこでふるまう料理の選定に非常に困惑する人も少なくないのです。食事に関しては、幅広い年齢層の参列を想定し和食にするのが賢明です。煮炊き物や和え物、箱寿司などであれば高齢者でも子供でも食べやすいためなのです。またそのクオリティにも注意が必要であり、できれば有名すし店やカップに料亭などのものにすると無難です。故人に代わり交友関係や世話になった人に感謝の気持ちを込めて食事の準備をする必要があります。

葬儀に関する情報サイト
葬儀について知ろう

こちらのサイトでは、お葬式や通夜の違いなどお葬式における良くある疑問を解決できるコンテンツを用意しており葬儀社が対応して貰えるのはどこまでなのか、ちょっとした質問にも役立てることができます。また、お葬式にあまり参列したことがない人などの場合は、服装をどのようにすべきなのか香典の相場なども気になるでしょうし参列するとき遺族に対してどのような言葉をかけるのがマナーになるのか、礼儀などにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search